毎日のお弁当作りに便利な野菜の準備

毎日お弁当に野菜をたくさん使って健康的で彩りの良い美味しいお昼ごはんを食べられるようにしたいと考える人もいるでしょう。手作りをして毎日子供に持たせてあげたいということも珍しくありません。幼稚園や保育園では給食がなくてお弁当でお昼ごはんということもよくあり、なんとか手軽に美味しいものを作ってあげたいという親心を持つのももっともなことです。しかし、野菜は調理するのに意外に手がかかるものであり、よく洗った後で不要な部分を捨てて刻み、適切な調理をした後で覚まして弁当箱に詰めなければなりません。生のまま入れようというときであっても洗って小さくちぎったり刻んだりすると意外に手間がかかります。手の込んだ一品を入れたいと思うとそれだけで毎日作るのは難しくなってしまいがちです。ただ、美味しさを追求したいと思ったら少し手をかけることも大切になるのも確かでしょう。

野菜の準備をしっかりと行っておけば朝の貴重な時間を使って短時間でお弁当を作ることもできます。洗って刻んでしまった野菜は保存性が良くないですが、冷凍できるものであれば問題ありません。青菜のように冷凍すると美味しくなくなってしまうものも茹でてから冷凍しておけば電子レンジですぐに解凍して使うことができます。また、自然解凍でも食べられるので弁当箱にそのまま詰めるだけでおひたし程度の一品ができてしまうのです。煮物なども冷凍しておけるものが多いので、まとめて作って冷凍しておくと時短でお弁当作りができるようになります。

まとめて作るときにも朝にちょっと手を加えて料理をするときにも洗って刻む手間を省くという考え方も重要です。洗った状態で売られていたり、さらには刻んですぐに料理できる状態で販売されていたりする野菜もあります。業務用食材の仕入れに利用できる通販を利用すると店頭で見かけられないものもまとめて手に入れることができ、野菜が豊富なお弁当作りをしていく上では役に立つサービスです。忙しくてあまり買い物にも行けないという場合でも宅配してもらえるサービスなら問題なく多種類の野菜を調達することができます。調理済みの食材も売られているので、合わせて利用すると料理の手間も減らすことが可能です。冷凍と合わせて活用すると気軽に美味しいお弁当を毎日作れるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です