おつまみにも最適な野菜の魅力

忙しい人が多い昨今では、毎日の晩酌が楽しみだという人も大勢います。しかしながら、健康志向の人も多く、思い切って楽しめないというパターンも少なくはありません。また、お酒のことだけでなく、おつまみを楽しみたいけれど、夜食べることに抵抗を感じてしまうこともあります。そんな時には、野菜を主役としたヘルシーなおつまみを手作りすると、楽しくお酒を楽しむことができるようになります。野菜は消化されやすいものも多く、繊維がたくさん含まれているものもあるので、そのようなものを積極的に摂取することにより、体質改善にもつながります。お通じがうまくいっていない人も、遅い時間帯の飲食を最初から控えるのではなく、ストレスがたまらないように、まずは野菜を摂取する習慣作りから始めるのもいいものです。

様々な野菜がおつまみとして適していますが、帰宅後すぐに飲みたいという場合には、野菜スティックが簡単です。少量のマヨネーズなどをディップできるように用意すれば、付け過ぎにも気をつけながら気兼ねなく楽しめます。何よりも洗い物も少なく、手軽に楽しめるという点が満足にもつながります。少し手が込んだものを求める場合には、作り置きが可能なものが便利です。冷蔵庫から出すだけで楽しめるため、野菜を刻むこともなく、短時間で晩酌をスタートさせることにも直結します。簡単なのは、ピクルスのような漬物類です。ほとんど作業が伴わずに仕込めるので簡単です。菜箸で器に盛るだけで食べられる手軽さも満足感につながります。そして、和え物も重宝します。和え物であれば、夕食用に準備したものを出すだけなので簡単で時間もかかりません。

おつまみと言えば、つい、こってりしたものや味の濃いものを連想してしまいますが、さっぱりとした味わいの物も、お酒が進みます。何よりも健康や美容のためにもいいので、少しのお酒と野菜の組み合わせで、体をいたわりながら楽しく飲食するのもいいものです。季節ごとで色々なものがあるため、アレンジも楽しいです。ドレッシングなどを手作りするだけでも、ひと工夫の楽しさを感じられます。お酒と相性がいいものを探すのも面白いもので、地域の地酒とそこで生産される野菜などと組み合わせるのもいいものです。もし作ることが面倒である場合は、市販のものを購入して、それをまねることから始めると簡単で楽しめます。市販のものにアレンジを加えるだけでも、オリジナルのものも作れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です