野菜を使ったお菓子について

野菜嫌いな子供やダイエットや美容を意識している時などは野菜を多く摂ることを意識している人も多いと思います。
スナック菓子や生クリームなどを使ったスイーツでは、得られない野菜の栄養を効率的に摂取することができるのが、野菜を使ったお菓子です。
ベジスイーツとも呼ばれており、近年では野菜の風味を生かしながらも美味しくお菓子として食べられるということで、苦手な人でも食べられることで人気になっています。

お菓子として食べることは様々なメリットがあります。ベジスイーツを販売している店では、その味わいを生かしたスイーツを作っているだけではなく、野菜を育てている環境やスイーツ作りに使用している甘味料などにも強いこだわりを持っている店が多く、安心で安全なものを食べることができます。
着色料や保存料を使わずに無添加で作るところも多く、旬のものなどを使っているため季節感を感じられます。
小麦粉を使わずに、大豆粉やふすま粉を使用している店もあり低カロリーなスイーツを食べられることから、ダイエットをしている時にも罪悪感を持たずに美味しく食べられます。

また、野菜のお菓子は自分で作ることもできます。
自分で作ることによって今まで食べてきたスイーツに含まれている糖分や脂肪分の量を知ることができ、食生活を見直すことにもつながります。
手軽に自分で作れるお菓子としては、まずチップが挙げられます。サツマイモやカボチャ、人参、じゃがいもなどを薄くスライスしたらそれぞれ熱湯でサッと茹でます。
水気を切ってキッチンペーパーを敷いた耐熱皿に重ならないように並べたら、電子レンジでそれぞれ3分ほど加熱したら取り出し、裏返してさらに3分加熱させて塩を少々ふったらパリパリになるまで冷まして完了です。
トマトが多く手に入った時などはジャムにするのがオススメです。
トマトの皮は湯むきをして、種を取り除いたら1㎝に角切りにします。鍋に入れて砂糖とレモン汁を入れ水気が出るまで放置し、水気が出てきたら弱火〜中火で煮詰めていきます。とろみが出てきたら火を止めて、煮沸消毒した瓶に入れます。長期保存したい場合には熱い状態のまま蓋を閉めます。
ジャムはトーストにつけたり、ヨーグルトにかけて食べるなどができます。
その他、カボチャをプリンやモンブランにする、ほうれん草をミキサーにかけてケーキに混ぜるなどのレシピがあります。
様々なレシピがありますが、普通のお菓子を食べるよりもヘルシーで栄養が豊富なものが食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です