野菜に含まれている栄養

野菜は厚生労働省によって一日350gもの量を食べるように推奨されています。これは野菜は大半が水分からできているからであり、身体にとって大切な栄養源として利用するためには十分量を食べなければならないからです。低脂質でタンパク質が比較的多く、炭水化物でも糖質が少なめで食物繊維が豊富に含まれているのが大半の種類に共通することであり、三大栄養素を摂取する目的でも優れています。それに加えてビタミンとミネラルの補給をするのには欠かせないものであり、種類によって含まれているビタミンやミネラルも異なることから多様な種類を食べることが肝心です。ある種類だけ好きだからそれを350g食べてもそれほど意味がありません。

個々の野菜を見ていくとそれぞれに特徴的な栄養が含まれていますが、多くのものに共通している点もあります。カリウムやマグネシウムが比較的多く含まれていて、カルシウムも含まれているものもあるのが特徴です。これらのミネラルは現代人の食事では不足していることが多いものであり、血圧や骨の強さ、便秘などと関連性があることからこのような体調に支障を感じている人は改善を期待できます。量はそれほど多くないとはいえ、鉄や亜鉛、どうといったミネラルも共通して含まれているのでしっかりとした量を食べることで不足を補うことが可能です。一方、両黄色野菜にはβカロテンが多く含まれていて体内ではビタミンAに変換されます。また、ビタミンCやビタミンEも多く含んでいるものが多く、不足しやすいビタミンを効率的に補うことが可能です。葉酸のように妊婦にとっては特に重要になる栄養素も豊富に含まれているため、野菜を食事の中心にする生活を送ると子宝にも恵まれるようになる可能性があります。

野菜は栄養が豊富でも高いから買うのが経済的に厳しかったり、大量に買って毎日350gも食べるには運ぶのが大変ということもあります。業務用食材の通販を利用するとたくさんの野菜を比較的安く手に入れることができます。宅配によって自宅に届けてもらうようにすると運ぶ大変さも緩和することが可能です。美味しい野菜を毎日食べて十分な栄養を摂取できるようにする方法として役に立つでしょう。ビタミンやミネラルなどを不足させずに健康的な生活を送れるようにするための知恵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です