新鮮で美味しい野菜の選び方

野菜は健康管理に不可欠な食材なので、毎日摂る必要がありますが、できればできれば美味しくて新鮮なものを選びたいものです。しかしいざ選ぼうとすると、どれを選んだらいいか分からないという人も多いでしょう。そこで知っておきたいのは、美味しくて新鮮な野菜の選び方です。現在では、スーパーなどへ行くと年中いろんな野菜が置いてあるため便利だと言えますが、できれば、本来その食材が採れる時期である「旬」のものを選んだほうがお得だと言えます。旬のものは、そうでないものと比べると味も美味しくなりますし、栄養価も高くなるというメリットがあります。さらに旬のものは、そうでない時期に比べて多く栽培されたり、コストが安く済むことがあるため、値段も安くなる場合が多いので、お得だと言えるでしょう。また、スーパーも便利ですが、新鮮野菜の卸なら、より新鮮な旬のものを手に入れることが可能だと言えます。
次に、年中よく食べる「葉物野菜」については、他のものと比べて鮮度が落ちやすいため、できるだけ鮮度の高いものを選ぶことがポイントになると言えます。葉物の選び方で一番重要なポイントになるのは、何といっても「葉っぱ」の状態です。葉っぱにハリがあるものは新鮮である証拠になると言えますし、逆に葉っぱがしおれたようなものは時間が経っている場合があるため、避けた方が良いと言えるでしょう。その他にも、葉物の場合は、色も重要になり、緑色が濃いものは、良く日差しを浴びて育った新鮮なものだという証拠になります。また根菜の場合も、葉が付いたものであれば、葉っぱの状態によって鮮度をチェックすることが可能なので、そのことを知っておくと便利でしょう。
そのほかの選び方としては、「切り口」で見分けるという方法があります。キャベツやニンジンなどは、切った状態で販売されている場合が多いと言えますが、その切り口の状態によって鮮度を見分けることも可能です。切り口は、時間が経つと変色していき、特に黒ずんだ状態のものは鮮度が良くないと言われているため、できるだけ切り口の色がキレイなものを選ぶようにするとよいでしょう。さらに野菜は、「色」で見分けるという方法もあります。多くの野菜は、色が濃いもののほうが、熟して美味しいと言われているため、薄い色のものより濃い色のものを選ぶようにするとよいでしょう。また、色に関して言えば、3色の違う色の野菜を毎回の食事に取り入れることで、栄養バランスが良くなるため、その点も考慮して選ぶことも重要だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です