野菜の栄養素を最大限に摂取

野菜には五大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの全てが含まれていますが、脂質が少なくてビタミンやミネラルが豊富なのが特徴です。炭水化物の中には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が多いものが大半を占めていて、お腹の調子を整えたり血糖値の上昇を抑えたりする効果も期待できます。健康や美容を目的として野菜の栄養素に着目して食べる習慣を作るのに着目する人も多くなりました。ただし、闇雲に食べているだけではせっかくの栄養素が無駄になってしまうこともあります。野菜の食べ方を工夫して最大限に摂取できるようにすることが肝心です。

野菜に含まれている栄養素のうちでも身体にとって欠かせないミネラルは水溶性の性質を持っています。洗うときには少しずつ水と一緒に流れていってしまうのです。茹でたときには茹でたお湯の中にミネラルが流れ出てしまうでしょう。生のまま食べるとかさを食べられないことから加熱調理するのは良い考え方ですが、水溶性の栄養素は失われてしまうことは覚えておかなければなりません。ビタミンにもビタミンB群やビタミンCのように水溶性が高くて流れ出てしまうものがあります。これ以外にもアミノ酸や水溶性食物繊維なども水に溶ける性質を持っているのです。これらを失わないように食べるためにはスープにするのが効果的であり、茹でたお湯ごと全部食べられるようにしてしまうと無駄になりません。栄養補給を目的でたくさん野菜を食べたいというときにはスープや味噌汁などを作るのが賢い方法です。

また、全く同じ野菜であったとしても個体によって差があります。旬の野菜は栄養素が豊富になっているものがほとんどなので、季節ごとに旬のものを手に入れて食べるのが栄養摂取の目的で優れている方法です。また、旬になっていると味や風味も豊かになっていて美味しく食べられるメリットもあります。旬を外してしまうとあまり美味しくないというものもありますが、一般には柔らかくて独特の風味が強くなっているのでまるで違うと感じる人も少なくありません。スーパーなどの店頭で購入することもできますが、美味しい食材をインターネットで調達することも可能です。季節ごとに美味しい旬の野菜を手に入れて栄養補給を行いつつ食生活を豊かにするように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です