季節の野菜があれば簡単に一品できる

季節の野菜があれば、一品料理がすぐにできます。
季節の旬の野菜というのは、気温の変化や人間の体が無意識に欲している栄養を多く含んでいます。旬の時期に野菜を摂ることは、人間の健康にとっても大変重要なことです。いつもの料理に旬の野菜のプラス一品があれば、体が自然によろこぶこと間違いありません。
季節によって、旬の野菜も異なり、それぞれに適した調理方法がありますが、なるべく単純な調理方法を知っていると手間も少なくて済み、簡単に一品を作ることが出来ます。いくつか紹介しますが、一人分を作る際には茹でる工程を、ラップに包んでレンジで数分に変える等、工夫してみて下さい。プラスの一品はなるべく手抜きで作りましょう。
一般的に春の野菜は、若い芽の苦みが喜ばれる山菜は別として、スーパーなどでも手に入る、春キャベツや、ホウレンソウ等の葉物、それに新玉ねぎや新じゃが芋等は甘くて、柔らかいのが特長です。軽くゆでたり、軽く炒めたりして、火を通しすぎずに味付けも薄めにし、本来の素材の良さを楽しみましょう。胡麻和えやピーナツ和え、クルミ味噌で和えるだけで、十分なごちそうになります。
ナスやトマト、ズッキーニ、ししとう、ピーマン等の夏野菜は焼くと甘味が増しておいしく食べられます。数種類を素揚げにしておくと、だし醤油や酢醤油に浸して和風に、コショウをきかしてビネガー、さらにニンニクをプラスしてトマトソースで和えると途端に洋風になりますから、大変便利な食材です。安い時に買って作り置きしておくとどんな料理にも応用がきき、プラス一品に変身します。また、トマトやキュウリは生で食べることで、熱くなった体を冷やしてくれます。
秋と言えば、きのこ類が美味しい季節です。きのこ類は根菜類と相性が良く、またゆっくりと火を通すことで旨味が出やすいので、鍋や汁物に適しています。さらに、根菜類もきのこ類も油との相性も良いので、炒めてから味を絡めていくと美味しい一品になります。きんぴらもゴボウが一般的ですが、レンコンや人参だけでも大変おいしく作れます。きのこ類は数種類を炒め煮し、豆腐に載せたり、茹でた葉物に和えたりと、作り置きしておくと応用がききます。
冬は美味しい野菜がたくさんあります。白菜、大根などは体を温めてくれます。汁物でたくさん食べたい食材です。肉や魚などのたんぱく質と一緒に煮込んで食べることで、バランス良く、栄養を摂ることが出来ます。浅漬けにしたり、和え物にしたりと、調理法もたくさんありますから、飽きることなく食べられるのも魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です